日本酒造り体験について

日本酒応援団は「より日本酒を知ることで、より日本酒を好きになってほしい」という願いから、酒造り体験を提供しています。

体験チケットを購入する

日本酒造りに参加できる酒蔵

まだ行ったことのない地域や、連休を使っての旅行を兼ねて。ぜひ「私がつくったお酒」と言える日本酒をつくりに来てください。その地域特有の、地元でしか味わえない新鮮な食べ物や、観光地なども合わせてお楽みいただけます。

一日の大まかなスケジュール

本格的な「造り」を体験した方々が口を揃えて言うことは、「日本酒がもっと好きになった」という一言。日本酒のウンチクを語れる人は多いですが、造りまで体験している人はほとんどいません。麹の香りや、麹室の厳格な雰囲気など。全身で日本酒を感じていただけます。

am 6:00 酒米の蒸し

蔵人の朝は早いのです。前日に洗ったお米を蒸し器に入れて蒸し上げます。朝食前の一仕事を。

am 7:00 朝食

お米を蒸すのに1時間ほどかかるため、その間に腹ごしらえを。早めに朝食を済ませて蔵に行けば、煙突からモクモクと出る蒸気に圧巻されること間違いなし。

am 8:00 放冷・仕込み

寒い中での放冷作業。蒸米から出る優美な湯気が印象的です。蒸したお米を、放冷台に入れて冷まします。工程にもよりますが、最適な温度にまで落とした蒸米は、麹室と仕込みタンクに運ばれます。

am 9:00 麹室での種付け

日本酒に欠かせない麹をつくるため、種麹をまきます。「女人禁制」と昔は言われていた神聖な麹室に入っての作業。杜氏指導の元、蒸米の温度と水分量を調整しながらの繊細な作業が続きます。

am 10:00 自由時間

お疲れ様です。一旦午前中の作業は終了です。お昼ごはんまで、周辺を散歩するもよし、お昼寝するもよし。

pm 12:00 昼食

お待ちかねの昼食です。朝が早かったのでこの頃にはお腹がペコペコになります。都会ではぜったいにたべられない、地元の新鮮な食材でつくられる食事が最高です。

pm 13:00 蔵の見学

希望者のみ、蔵の見学ができます。蔵の歴史や、施設に説明など、担当者が細かくご説明します。自分の育てた米がどのようにお酒に生まれ変わるのかを、この時に学べます。

pm 16:00 切り返し

麹の温度を一定に保つための工程です。自然相手の作業なので、作業を行う時間は日によって前後します。

pm 17:00 自由時間

今日も1日、おつかれさまでした。蔵によっては周辺にちょっとした観光地もあります。ぜひその場でしか味わえない体験をお楽しみください。

日本酒づくりは一つひとつの工程の繰り返しです。日帰りでももちろん楽しめますが、「日本酒造りの全工程が体験したい」という方は、ぜひ2・3日続けて宿泊ください。

当日の持ち物

当日困らないために、下記の物があるか見ておきましょう。

健康保険証 何があるかわからないので、念の為に持ってきてください。
洗面具 歯ブラシ、歯磨き粉や洗顔用具などをご用意ください。シャンプーやリンス、ボディーソープは、共有のものでよろしければ用意があります。
着替え 宿泊数分の着替えをご用意ください。体験時は、はっぴ、前掛け、長靴、手袋のご用意があります。

体験前の心がけ

安全・清潔に気をつけ、日本酒、蔵人、参加者同士に敬意を払い、みんなで楽しく日本酒を醸しましょう。

まず、日本酒造りの下準備を。

  1. 麹室は三十度、外はゼロ度です。温度調整がしやすく、動きやすい、清潔な格好を心掛けましょう。
  2. 体験をもっと楽しむための事前学習をしましょう。「夏子の酒」「愛と情熱の日本酒」は日本酒応援団の推薦図書です。
  3. 楽しむための積極的な作業参加・質問をしましょう。
  4. 蔵に入る前には必ず、殺菌手洗いをしましょう。

美味しい日本酒を造るために、次の行為はご遠慮ください。

  1. 体験参加日に、みかん・納豆を食べること。
  2. 蔵内での、飲食・喫煙。
  3. 装飾品(時計・指輪など)を身につけること。
  4. 化粧・香水等の強い香りをつけること。
  5. ペット類を持ち込むこと。

酒蔵までのアクセス

酒蔵までの主要なアクセス方法をご紹介します。

竹下本店への行き方

竹下本店は出雲空港から1時間ほど車で南下したあたりに存在します。竹下本店 〒690-2701 島根県雲南市掛合町掛合955-1 TEL: 0854-62-0008

  1. バスでお越しの方

    出雲空港 → 出雲市駅 → たたらば壱番地。「たたらば壱番地」にはスタッフが迎えに行きますので、お時間をご連絡ください。バス時刻表はこちらをご参考ください。

  2. レンタカーでお越しの方

    空港にレンタカー会社が数社あります。こちらのサイトから事前予約すると安くなります。竹下本店に駐車スペースはあります。

  3. タクシーでお越しの方

    タクシーの場合は片道12,000~15,000円かかります。

お気をつけてお越しください。

体験者の声

体験者のリアルな声を集めました。

麹の香りがとてもよかった!

20代・女性・東京都

仕込みタンクが以上に大きかった。いい経験ができました。

30代・男性・愛知県

造るというより、育ててるって感じがしました。

30代・女性・千葉県

心に残る思い出。また来年も来ます!

40才・女性・大阪府

よくある質問

よくいただく質問をまとめています。該当の答えが見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

体験は、1泊からでも可能ですか?

可能です。何泊でもご都合に合わせて体験いただけます。1泊でも「自分が醸したお酒!」といえるような作業が目白押しですので、是非一泊からでもご体験ください。

何日目が面白い!ってありますか?

個人差がありますが、酒造りの説明などでよく紹介されるのは、「麹盛り」と「三段仕込み」です。もちろん、ほかのどの日でも「私が醸した日本酒だ」と言っていただけるような内容となっていますので、ご都合の良い時にお越しいただければと思います。

1人でも参加できますか?

はい、参加頂けます。むしろ一人で参加される方の方が多いかもしれません。現地に必ずスタッフがおりますのでご安心ください。

体験はせずに、お酒だけを買うことも可能ですか?

もちろん可能です。日本酒を応援したい、面白そうな企画だ、と思っていただけましたら、是非ご購入していただければと思います。事前購入者には、特製「日本酒応援団ステッカー」をプレゼントさせて頂きます。

外国人対応は可能ですか?

英語でしたらば対応可能です。常駐するスタッフは全員英語堪能です。是非日本の文化を海外の方にも知っていただきたく思っています。

自分で植えたお米で、
日本酒を造る。

田植えから関わるから、愛着が湧きます。お店では買えない、あなただけの特別な日本酒をつくりませんか?