銘柄は、地域名。

ルールはただ一つ。酒蔵のある地域で育てたお米だけを使うこと。もうズラリと並ぶ銘柄名を前に困惑することはありません。今日提案するのは、「地域の飲み比べ」というシンプルな楽しみ方。

飲める店、買える店

日本酒応援団の銘柄が実際に「飲めるお店、買えるお店」、増えてます。